【トヨタ・ハリアー】燃費・実燃費はどれくらい?燃費向上のコツは?
スポンサードリンク

都会派のSUVとして大人気のトヨタハリアーですが燃費はどの程度なのか気になる方も多いと思います。今回はハリアーのグレード別の燃費や実燃費、燃費向上するためにはどうしたらよいのかについて検証していきたいと思います。

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】グレード別燃費を紹介!

引用:https://toyota.jp/harrier/performance/?padid=ag341_from_harrier_navi_performance

ハリアーのグレード構成は2.0Lガソリン、2.0Lガソリンターボと2.5Lハイブリッドに分かれています。それぞれのパワートレーンに「PROGRESS “Metal and Leather Package”」「PROGRESS」「PREMIUM」「PREMIUM “Metal and Leather Package”」「ELEGANCE」といったグレードが設定されています。

まず最初に各パワートレーン別にカタログ値の燃費はどの位なのか調べてみました。

2.0Lガソリン2WD CVT JC08モード  16.0km/L レギュラーガソリン仕様
2.0Lガソリン4WD CVT JC08モード  14.8〜15.2km/L レギュラーガソリン仕様
2.0Lガソリンターボ2WD  6AT  JC08モード 13.0km/L プレミアムガソリン仕様
2.0Lガソリンターボ4WD 6AT JC08モード  12.8km/L プレミアムガソリン仕様
2.5Lハイブリッドe-4WD CVT JC08モード  21.4km/L レギュラーガソリン仕様

 パワートレーン別のグレードごとの燃費は共通となっています。

ハリアーの様な都会派のSUVでは2WDの販売比率が高くなっていて4WDモデルでもシステムは電子制御式となり比較的軽く作られています。

駆動方式での燃費の差が少ないのはそのためでハイブリッドではドライブシャフトを持たない電気式4WDで抵抗が少なく更に燃費向上に貢献できる結果となります。

スポンサードリンク

 【トヨタ・ハリアー】実燃費はいかに?

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/?padid=ag341_from_harrier_navi_interior

カタログ値の燃費は一定の走行条件の元で計測するために実際に走行する燃費とは差が生じます。

燃費計測の規格は技術の変化とともにアップデートされていて現在ではWLTCモードが最新となり、実燃費に近い数値が表示される様になりました。

 ハリアーの燃費規格はJC08モード となりますが実際に走行した場合の燃費との差はどの程度なのか調べてみました。

2.0Lガソリン 2WD CVT レギュラー仕様 11.7km/L
2.0Lガソリン 4WD CVT レギュラー仕様 11.2km/L
2.0Lガソリンターボ 2WD CVT ハイオク仕様 11.12km/L
2.0Lガソリンターボ 4WD 6AT ハイオク仕様 9.8km/L
2.5Lハイブリッド 4WD CVT レギュラー仕様 14.2km/L

ガソリンエンジン仕様ではカタログ値と実燃費の乖離が少ないですがハイブリッド仕様ではカタログ値と実燃費の差が大きく出ています。

ハイブリッドは走行環境での燃費向上のあり方に差がつきやすい特性を持っています。

 得意領域は市街地走行でゼロ発進からモーターで走行することができ、最も負荷がかかりやすい部分にエンジンのパワーを使わないシステムになっていますから容易に燃費向上させやすいという訳ですね。

 反対に高速走行では回生ブレーキによるエネルギーチャージができないために走行用バッテリーは消耗が早く、燃費向上に貢献しにくいシステムとなります。

ですから平均的に市街地から郊外までの使い方では良い燃費が記録されやすく、坂道の多い地域や高速道路での長距離移動が多い方はハイブリッドの燃費向上の恩恵を受けにくいという事になりそうです。

 ハリアーはこのサイズのSUVとしては車重が軽い方で4WDモデルでもガソリンでは1.7トンでハイブリッドでも1.8トンに収まっています。

ランドクルーザーが余裕で2トンを超える事を考えればガソリン2.0L 2WDなら1.5トン台で収まっているのは燃費向上に大きな影響を及ぼしています。

 大きく重くなりがちなSUVを軽くする為には初代ハリアーで使用されていた3.0LのV6エンジンではオーバーキャパシティと言えますから軽く作られた2.0Lガソリンとガソリンターボにダウンサイジングしたのは時代の流れを上手く取り入れています。

 2.0Lガソリン車のミッションをCVTとしたのは多段式ATでは重量が嵩む為で6ATを搭載する2.0ターボモデルとの重量差は80kgにもなりますからこの部分の差も燃費向上に役立っていると言えますね。

スポンサードリンク

 【トヨタ・ハリアー】燃費向上するために心掛けること!

引用:https://toyota.jp/harrier/performance/?padid=ag341_from_harrier_navi_performance

 トヨタハリアーを運転するうえで燃費向上のためにはどの様な事に気を付ければよいのかをまとめてみました。

 ハリアーの燃費向上に繋がる運転とは急発進や急加速をしないという事とエンジンの回転数を必要以上に上げすぎない事が挙げられます。

 具体的な例をあげますと停止からの発進時にはアクセルをソフトに開ける事です。

特に市街地では停止と発進を頻繁に繰り返す為に心がけてをするのとしないのでは燃費向上に大きな差がついてきます。

ハイブリッドモデルはモーターで発進しますからこの点は意識しなくとも自動的に車が制御してくれるわけですね。

ハリアーはガソリンモデルでもアイドリングストップが装着されていますから発進時のアクセルワークに気を配るだけでも大きく燃費向上するでしょう。

 次に加速と減速を穏やかに行う様に心がける事です。

具体的には走行中の巡航速度を出来るだけ一定にする事でアクセルを必要以上に開けなくてすみます。

前車との車間距離を保つ事で不要な加減速を減らす事を減らし、結果的に燃費向上する事ができます。

ハリアーに搭載されているアダプティブクルーズコントロールは前車との車間距離を自動的に保ちアクセルでの加減速をオートマチックに行う事ができる優れた技術ですからぜひ積極的に使用していきたいですね。

 細かな点ではエンジンオイルを点検し劣化していたら交換するなど抵抗になる要因を、減らしておくのも工夫の1つといえます。

 ハリアーを始めとする最近の自動車はハイブリッドやアイドリングストップなど燃費向上に向けての技術が日進月歩で進化していて10年前の同クラスと比較すると飛躍的に燃費が向上しています

 さらにはトヨタセーフティーセンスなどの安全装備に含まれるアダプティブクルーズコントロールなどの自動運転に向けた技術もますます進化して燃費向上しながらの楽しいカーライフが楽しめる様になるのを楽しみにしていきましょう。