【トヨタ・ハリアー】自動ブレーキは搭載?横滑り防止機能などの安全性をまとめ!
スポンサードリンク

ここでは、トヨタハリアーの自動ブレーキや横滑り防止装置などの最新の安全装備を紹介したいと思います!

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】自動ブレーキは?

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

 

トヨタハリアーはサポカーS<ワイド>に対応

 

トヨタハリアーの安全性

ハリアーは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。

セーフティ・サポートカーS(サポカーS<ワイド>)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているもので、トヨタ車では多くのクルマが採用しています。

トヨタハリアーは一番上のグレードのサポートカーS<ワイド>を採用しています。

自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、 先進ライトなどの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

セーフティ・サポートカー

Toyota Safety Sense

プリクラッシュセーフティ

(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
衝突回避を支援し、万一の時の被害軽減に貢献します。
https://toyota.jp/harrier/safety/?padid=ag341_from_harrier_navi_safety
前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出します。
警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシストが作動します。
ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。
プリクラッシュブレーキアシストはブレーキ力を強力にアシストし、先行車20km/h、自車80km/hの場合では、最大約60km/h程度減速します。
プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。
また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。
トヨタの自動ブレーキを要約するとこのようになります。
ポイントは2点で、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシストが作動し、踏めなかった場合は、プリクラッシュブレーキが作動するということです。
アシストが入るか、自動ブレーキが入るかの違いです。
ここには、自動ブレーキの作動速度も詳細に書いてありますが、最近のアメリカ自動車団体の調査では自動ブレーキが正確に動作しない車両がかなりあるとの報告があり衝撃が走りました。
実際にSNSなどで動画が拡散されています。
トヨタカムリやホンダアコードなど、他にもフォードなどのクルマです。
自動運転も現在研究が進んでいますが、自動ブレーキについてもまだまだ安全とは言い切れません。
現在の印象は動く人に対しての動作が甘く、障害物や低速での自動ブレーキは比較的ちゃんと効くというものです。
しかし、これもしっかりとした裏付けがあるわけではなく、筆者の独断の偏見でもあります。
最近は、さまざまな安全デバイスが付いていますが、まずはドライバー自身のアクセル操作とブレーキ操作が安全性の要です。
そこの所は肝に銘じておいた方が良いでしょう。

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

 

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】横滑り防止装置について

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior
横滑り防止装置とは、電子制御で4輪のトルク配分を振り分けて安定した走行を可能にする技術のことです。
最近では、ステアリングやブレーキにも制御が入る車種も増えています。
他社ではDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)と呼ばれていたりしますが、トヨタではVSC(ヴィークル・スタビリティ.コントロール)と呼ばれています。
今では、軽自動車からコンパクトカー、高級車までほとんどのクルマにこの技術が採用されています。
高級スポーツカーや本格的なスポーツカーでは、この装置を解除することもでき、サーキットなどでは、本来のパフォーマンスを発揮することができます。
しかし、そのような本格的な大パワーのスポーツカーでも、街乗りでは横滑り防止装置が作動しているので、快適に運転することができます。
このように、横滑り防止装置は見えない縁の下の力持ち的な存在ですが、今では安全性に対して大切な技術になっています。
S-VSC+ダイナミックトルクコントロール4WD協調制御
走行状況に合わせて車両を制御。
https://toyota.jp/harrier/performance/performance/?padid=ag341_from_harrier_perf_performance03
ステアリング制御(EPS)、ブレーキ制御(VSC、ABS)、駆動力制御(VSC、TRC)と4WD制御が互いに協調し合い、制御を行うことで、滑りやすい状況下でもドライ路面でも優れた車両安定性を確保します。
[ダイナミックトルクコントロール4WDは、ターボ4WD車、ガソリン4WDに標準装備]
晴れの日も雪の日も、安定した走りができます。
ダイナミックトルクコントロール4WD
https://toyota.jp/harrier/performance/performance/?padid=ag341_from_harrier_perf_performance03
トヨタハリアーのこのシステムは前輪駆動と4輪駆動を自動的に電子制御します。
通常の走行時には前輪駆動状態で燃費効率のよい走りを実現して、発進時や滑りやすい路面を走行時には、車両の状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分します。
旋回時には、ステアリング操舵量からドライバーが思い描くターゲットラインを算出し、車両挙動に応じてきめ細かく後輪にトルクを配分します。
また、ターゲットラインに対し車両がコーナー外側へ膨らむ場合には、旋回内輪へのブレーキ制御とダイナミックトルクコントロール4WDを協調制御することにより、より安定した旋回を可能にしています。
これらの制御により雪道だけでなくドライ路面での安定した走行を可能にしています。
[ターボ4WD車、ガソリン4WD車に標準装備]
https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

 

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】安全性まとめ

https://images.app.goo.gl/n4UXzoYdJL7v8GS89

ここでは、安全ブレーキと横滑り防止装置を中心にトヨタハリアーの安全性についてまとめてきました。

これらの装備が搭載されているのは、4WDグレードとターボグレードになります。

多くのトヨタ車は最上級グレードだけに、このような走りと安全性を高める技術を搭載している例が多く、案の定、ハリアーもターボ車にはほぼ全ての装備が搭載されています。

しかし、ハリアーは4WDのガソリン車にもこれらの機能が搭載されています。

おすすめはハリアーの4WDモデルとターボモデルということになるでしょう。

FFのハリアーでも全く問題はありません。

なぜなら、ハリアーはシティ派のSUVでそこまでの走破性能は必要ないからです。

トヨタには、他にもRAV4やランドクルーザープラド、そして本家ランドクルーザーも控えているからです。

これらの悪路の走行性能は素晴らしいものがあります。

反対にトヨタハリアーは街乗りやロングドライブでの快適性と安全性を確保したクルマです。

トヨタハリアーはスタイルもエレガントでカッコいいと思います。

https://toyota.jp/harrier/exterior/?padid=ag341_from_harrier_navi_exterior

【トヨタハリアー】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【ハリアー】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、【ハリアー】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク