【トヨタ・ハリアー】人気のあるオプションやパーツ、ナビを紹介!
スポンサードリンク

ここでは、トヨタハリアーの人気のオプションパーツやナビを紹介したいと思います!

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】人気オプションは?

https://images.app.goo.gl/mMKhvKAjidVLsA5YA

MODELLISTA SELECTION(純正オプション)

 

20インチ アルミホイール&タイヤセット(ロックナット付)

1台分 434,500(消費税抜き395,000円)

複雑な形状を施した、5本スポークタイプの20インチアルミホイールです。

各種エアロパーツとの組み合わせで、より迫力のあるスタイルを演出します。

ランドクルーザープラドでもオプションの20インチアルミ+タイヤが用意されていますが、人気になっています。

ハリアーをより、迫力のあるスタイルに変化させてくれます。

MODELLISTA WingDancerⅨ〈ガンメタリック×ポリッシュ〉&ブリヂストン Playz PX-RV

サイズ 20×8.5J&245/40R20
設定 除くGR SPORT

 

ラゲージウッドデッキ(木目調)

40,700(消費税抜き37,000円)

ラゲージボードを木目調にすることで、華やかさを創出します。また、水や泥汚れなどをサッと拭くことができる機能性も持ち合わせています。ヨーロッパ車風な見た目もグッドです。

材質 樹脂(ABS)

 

 

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】純正ナビと社外ナビ比較!

 

【純正ナビ】

トヨタハリアーの純正ナビは、スムーズな使用性と多彩な機能を備えた先進ナビです。
高精細9.2型TFTワイドタッチディスプレイを搭載し、タッチパネルとスイッチを搭載。タブレット端末のような洗練されたデザインと軽快な使い心地を実現しています。
純正ナビとは言え、ハリアーのナビゲーションシステムは社外でも最高クラスの性能とディスプレイを備えていると言えそうですね。
これ以上の性能を求めるのなら、社外ナビを選ぶことになると思います。
トヨタのコネクテッドサービス、T-Connectにも対応しています。

トヨタのコネクティッドサービスとは

クルマはどこまで人に寄り添えるか、どこまで幸福に貢献できるのか。
未来の愛車のあり方を考えるTOYOTAのこたえ。 それがトヨタのコネクティッドサービスです。
曖昧なリクエストにもお応えするオペレーターサービスや、
遠隔で安全を守る”セキュリティサービス”。
クルマが、あなたとのドライブをもっと楽しく、快適に、安全にしていきます。
クルマから、愛をもっと。
人とクルマの新しい関係がはじまります。

(トヨタ公式HPより)

https://toyota.jp/tconnectservice/about/

【社外ナビ】

アルパイン BIG X (ハリアー専用)

こだわり抜いたデザインと質感。10型大画面カーナビ「ビッグX」。

待望の10型大画面を叶えた、新型ハリアー専用ビッグXです。

圧倒的な存在感を誇るその10型大画面には、高精細WXGA液晶を採用。

心地よい香りを楽しめる専用「カーアロマ」も搭載。

ハリアーオーナーを、至福のドライビングプレジャーへ誘います。

アルパインの高品質ナビは、トヨタの新型ハリアーを、もっと魅力的に、もっとプレミアムにします。

「アルパインスタイル プレミアムスペースデザイン」なら、そんな想いを叶えることができます。

専用設計の10型大画面ビッグXは、新型ハリアーにふさわしいデザインを追求しています。

また10.1型の「ヘッドレスト リアビジョン」や安心・安全なカメラシステム「ドライブセンサー」、高性能スピーカー「X」なども用意。

あなたにふさわしいもうひとつの新型ハリアーが、ここにあります。

社外ナビのアルパインBIG Xぜひ店頭で確認してもらいたい一台でおすすめです。

https://www.alpine.co.jp/model/harrier/

 

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】パーツにはどのようなものがあるの?

https://images.app.goo.gl/eGLYqxFE1EdVpFM57

最近はトヨタやスバルのHPを見ていると、メーカー純正のカスタマイズパーツの充実ぶりが目を見張ります。

他のメーカーも同様だと思います。

それだけ、同じ車であっても自分好みの車にしてみたいというユーザーが多いのでしょうね。

メーカーもユーザーの心理をよく研究しています。

ユーザーとしては、メーカー純正なら揃えやすいですし、情報を集める必要もないので気軽にカスタムを楽しめるというメリットもあります。

私たちのような車好きなら、このパーツなら定番のメーカーがある!とだいたい知っているものですが、全ての人がそうとも限らないですからね。

ここでは、トヨタ純正のカスタマイズパーツなどを紹介してみたいと思います。

メーカー純正と言って侮るなかれ、今は一つ一つのパーツのデザインでも工業デザイナーが責任を持って仕上げています。

それは、他のメーカーのホンダなども同様です。

トヨタで言えば、GR、G’sなどのコンプリートカーもトヨタが力を入れて開発、販売しています。

今のトヨタは利益もうなぎ上りで、総工費3000億円のサーキットを愛知県に建造するなど、上昇気流に乗るようにさまざまな分野でチャレンジしています。

 

STYLING PACKAGE Ver.1

https://toyota.jp/harrier/customize/stylingpackage1/

こちらは、エアロパーツのセットになります。

構成は、フロントスポイラー、サイドマッドガード、リヤバンパースポイラー、ピラーガーニッシュ、アクセントステッカー、リアスポイラーのセットです。

ちょうど、上の画像のようなスタイルになり、ノーマルよりも精悍な外観となります。

除く寒冷地仕様(メーカーオプション)付車 147,400(消費税抜き134,000円)
寒冷地仕様(メーカーオプション)付車 152,900(消費税抜き139,000円)
設定 ターボ車、除くGR SPORT

 

STYLING PACKAGE Ver.2

https://toyota.jp/harrier/accessories/?padid=ag341_from_harrier_grade_accessories

こちらも、エアロパーツのセットになります。

構成は、フロントスポイラー、サイドマッドガード、リヤバンパースポイラーのセットです。

Ver2はVer1よりも、より立体的な造形のエアロパーツになっています。

単純に言えば、エレガンスというよりは、ワイルド系です。

好みによってカスタムパーツを選べるようになっています。

除く寒冷地仕様(メーカーオプション)付車 143,000(消費税抜き130,000円)
寒冷地仕様(メーカーオプション)付車 148,500(消費税抜き135,000円)
設定 ハイブリッド車、ガソリン車、除くGR SPORT

 

他にも、モデリスタというトヨタに専用のパーツを供給しているメーカーのエアロパーツやさらにワイルドなver3というエアロパーツセットもあります。

https://toyota.jp/harrier/accessories/?padid=ag341_from_harrier_grade_accessories

MODELLISTA Ver.1https://toyota.jp/harrier/customize/modellista1/

 

https://images.app.goo.gl/r5XF1u15NSxbzFDUA