スポンサードリンク

都会的なデザインで人気のあるトヨタハリアーですが外寸が気になる方も多いと思います。

今回はハリアーの外寸と機械式駐車場についてや外装パーツなどをご紹介していきます。

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】外寸、横幅、長さ、車高をまとめ

引用:https://toyota.jp/harrier/accessories/?padid=ag341_from_harrier_top_customize#

まずはトヨタハリアーの外寸はどの位なのか調べてみました。

全長4725mm 全幅1835mm 全高1690mm ホイールベース2660mm

ハリアーの魅力は洗練されたデザインとラグジュアリーな雰囲気ですが。こうして外寸を調べてみると車体は大柄なのがわかります。

全長が4725mmというとどのくらいの大きさなのでしょうか。

同じトヨタのランドクルーザーよりも約225mm短くCH-Rよりも365mm長いといSUVとしてミドルクラスにあたります。

ミニバンでいうとノアやヴォクシーとほぼ同じ長さになりますね。

対して全幅は1835mmとかなり幅広くなっています。

いわゆる 5ナンバーサイズを140mm超えていますから左右に70mmずつ広い事になります。

運転が苦手な方がドライブするには街中の狭い道などは不安があるかもしれませんね。

SUVなどの車高が高い車種は実際の寸法よりも大きくみえますがハリアーも全高が1690mmありますからマークXなどの同じ外寸のセダンよりも大柄に感じます。

ホイールベースの2660mmという点は実はノアなどのミニバンよりもかなり短くて意外にも小回りが効くことを表します。

外寸と比較してホイールベースが短いのはスペース効率よりもデザイン性を重視しているからで、だからこそハリアーのラグジュアリーな高級感あるデザインが生かされていると言えます。

最新の車種では安全装備も充実してモニターやセンサー、パーキングアシストなどが親切に設定されていますから運転が苦手な方でも慣れれば楽しくドライブできるでしょう。

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】機械式駐車場に入れられるのか?

引用:https://toyota.jp/harrier/accessories/?padid=ag341_from_harrier_top_customize#

都会の市街地に出かけるのに気になるのは駐車場のスペースです。

平面の駐車場なら心配はいりませんが、機械式駐車場など寸法に制限があるところではハリアーが入庫できるのか気になってしまいますね。

機械式駐車場とは主に市街地にありますが、必ずしも同じ寸法とは限りません。

機械式駐車場は高さ1550mm幅1850mmに設定されている確率が高く、全幅1835mmのハリアーは入庫する事ができますが全高が1690mmと制限を超えてしまいますから、結局は入庫不可能となります。

場所によっては、入庫できる高さの機械式駐車場もありますが、マンションなどに設けられている機械式駐車場は入庫できない確率が高いでしょう。

その様な場合は周辺の平面駐車場を探して契約するしかない様ですね。

その他にはデパートやホテルなどで使用する、立体式の地下駐車場などは問題なく駐車できます。

郊外にあるショッピングセンターの立体式駐車場は高さが2000mmに制限されている場合が多いですが、こちらも問題なく駐車できるでしょう。

また、コインパーキングも殆どの場合は駐車できますが狭い敷地に複雑に造形してある駐車場では機械に擦らない様に注意が必要となります。

郊外では快適なドライブができるハリアーの様なSUVの泣き所は市街地での駐車場探しにあるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】外装, 外装パーツを紹介!

引用:https://toyota.jp/harrier/accessories/?padid=ag341_from_harrier_top_customize#

エレガントなデザインで定評のあるトヨタハリアーですが個性的にドレスアップするための外装パーツはどの様な種類があるのでしょうか。

外装パーツでポピュラーなのがエアロパーツです。

一口にエアロパーツといっても様々な種類が豊富にあります。

ハリアーはベースのデザインが流麗にデザインされていますからノーマルの状態でも十分に美しいのですが各部分を強調したパーツを装着する事でアクセントになり個性的なドレスアップが可能となります。

ハリアーの場合はトヨタ純正やモデリスタブランド、TRDブランドなどディーラーで装備できて保証もしっかりした物がありますから安心して装着できますね。

エアロパーツはフロントバンパー、リアバンパー、サイドスカートの3点で構成されている事が多いですが単品装着する事も可能になります。

エアロパーツと言うと空力を重視するイメージもありますがSUVなどのエアロパーツは主にドレスアップ目的の場合が殆どと言えます。

そのために機能というよりも好みのデザインから選択すると良いでしょう。

特に人と同じ車に乗るのは嫌だという個性派オーナーには最適なパーツとなります。

トヨタ純正のSTYLING PACKAGE Ver.1はバンパー下のシルバーモールがアクセントとなるフロントスポイラー、地上高がノーマルから29mmダウンするサイドマッドガード、フロント同様にシルバーモールがアクセントとなるリアバンパースポイラーで構成されています。

これらの3点がセットで134,000円(税抜)にハッチ上部に装着するリアスポイラー36,000円(税抜)も用意されています。

その他にもSTYLING PACKAGE Ver.2では立体的にデザインされた上品なエアロパーツとなります。

STYLING PACKAGE Ver.3はメッキ装飾のガーニッシュを中心とした構成となります。

ノーマル車をベースにグリル内にメッキパーツを装着するとかなりインパクトのあるイメージになります。

これにメッキドアミラーカバーやバックドアガーニッシュをアクセントとして装着するとさらに高級感を引き立てる事ができますね。

ハリアーは人気車で外装パーツも豊富に発売されていて迷ってしまいますが自分好みのオリジナリティ溢れる演出をしてカーライフを楽しんで欲しいですね。